レストランを利用した時にコートを、特に冬などは預かることが多いですが、そのコートをどれくらい大事に扱っているか? というお話し。


スポンサーリンク

レストランでコートを預けるという行為は頻繁にあります。

預かる人はどれくらい真剣に預かっているのでしょうか?
預けるたびに思います。


高級レストランではしっかりしています。
カジュアルな店では預かりません。

ではその中間の店では?


正直ほとんどのスタッフが自分自身の感覚で預かっているように見えます。
服装にむとんちゃくな人はそのように。まるで家に帰ってから服を掛けるような感覚で。

ようは雑なのです。


私がまだレストランで働き始めたばかりのころ、何気なく預かったコートをハンガーに掛けていると、

「ちょっと、もう少し丁寧にできないの?」

とお客様に言われてしまいました。

私自身、雑に扱ったという意識はなかったのでびっくりしましたが、それ以降考えるようになりました。

ブランドも調べるようになりましたし、預かる際は丁寧に、しっかりとお客様にそれが伝わるように。

預かったコートを何人分も抱えて動き回るスタッフがいますが、スマートではないです。事情はあると思いますがそれは店の事情です。


預かったコートは、値段に関係なく、お客様の様々な思い入れがある


もちろんコートだけではないですが、意識するようにしています。



最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければポチッとなお願いします。

にほんブログ村