IMG_1947
ソムリエ協会の機関誌の9月刊の最後のページに書いてあったんですけど、どうやら来年2018年の呼称資格試験の1次試験のやり方が変わるようです。




ざっくり言うと今までのマークシート方式からパソコンでの入力になるそうです。

私は日本ワイン検定を受けたことがあるのでわかりますし、適性検査などで体験したことのある方もいると思います。

IMG_1946

まずCBT方式とは、ですが

【CBT方式(Computer Based Testing)とはコンピューターを利用して実地する試験方式のことです。受験者はコンピューターに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。】

とあります。今までの試験問題が紙からパソコンになるんですね。パソコンに慣れてない方は不安でしょうけど個人的にはパソコンに触ったことがない人でも大丈夫だと思います。


機関誌に書いてあることをまとめますと、

・47都道府県に試験会場がある
・都合の良い試験日時・会場を選択して受験できる
・予約した日時の都合が付かなくなった場合、1週間前でも日程を変更することができる

でして、

出願期間が2018年3月1日から2018年6月30日
会場予約が2018年7月15日から2018年8月25日
合格発表が2018年9月上旬


試験日が8月1日から8月31日の間で選べるようです。

もちろん予定ですので詳細は変更されるかもしれません。

来年(2018年)に受験予定の人は覚えていたほうがよさそうです。