butler-1249086_640

最近今働いている会社の総支配人と久しぶりにお話する機会がありました。

その方はもちろんサービスマンですが、やはり総支配人だけあって言うことが違います。



それは・・・





お客様が望むことを出来てこそプロ


料理を美味しく作るのは当たり前です。プロですから。

その美味しい料理をお客様が望む時間で出すのが大切だ、と総支配人は言ってるのです。



飲食店あるあるに込み合っているとき料理が出ない、というのがあります。


振り返ってみると、ほとんどの料理人が

開き直っている

のではないでしょうか。


「こんなに注文があるから料理でないのは当たり前」
「立て続けにオーダーを入れるから」
「急な人数変更だったから」
「予約なしで6人で来れられても」
「いきなりアレルギーを言われても」


これってすべて想定できることじゃないですか。


営業中ありうることなのです。

だからできないのはすべて言い訳です。


みんな分かっているはずです。飲食店で働いている人は。


言えないだけです


シェフが怖いから・・・。
頑張って一生懸命作ってくれてるから。


やらないだけです。

味がブレる。
急いでも混乱するだけだから。


総支配人は妥協しません。

お客様が料理が遅いと感じたら何分だろうとそれは遅い。
味が濃いと感じたらそれは濃い。
まずいと感じたらそれはまずい。


いろいろと誤解をされそうですが、分かる人はわかると思います。


料理が遅いと言われてすぐに出せなくて何がプロの料理人だ。こだわりの料理を作ってるだけなら趣味でやってればいい。勘違いしている料理人は俺が叩き直してやる。

総支配人の言葉です。

総支配人なる人はメンタルが超絶ですね。


そしてそして、

総支配人は恐怖で人を動かすのではなくてカリスマで人を動かせる人なのです。



やっぱプロはちがうなあ。


最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければポチッとなお願いします。

にほんブログ村