DSC_2144
年齢的にわかる方は少ないとは思いますが、2000年前後にカフェブームがありまして、ー私が飲食に興味を持った理由の1つでもあるのですがー、

当時はよく行ってました。カフェに。


調べてみたのですが、当時から続いている店は結構多いのですね。

がんばってますなー。すごい。





当時よく行っていたお店は、

バワリーキッチン
スペースシャワーブランチ
デザートカンパニー
ロータス
ニドカフェ
ヌヌフフェ
オーガニックカフェ
ヴィヴモン・ディモンシュ


です。


もうカフェブームを牽引したお店ですね。

当時よく読んでいた雑誌「カフェ・スイーツ」にも毎月出ていたくらいのお店です。

懐かしい。


ヌフカフェはなぜ潰れないのか ~武田康伸のカフェ経営哲学



その中の1つ「ヌフカフェ」も未だ健在です。

「ヌフカフェ」の魅力は「心地よい」「落ち着く」ではないでしょうか。

お店の雰囲気はもちろんですが、客層も目的を持ってきている人が多い。ただ疲れたからそこらへんの喫茶店でお茶をしている、という雰囲気もない。


スタッフがおしゃれ、店がおしゃれ、な店は多くあるがこの街に来たらこのお店に寄って帰ろう、と頭の中に出てくるお店になれるか。


私も
鎌倉に来たら「ヴィヴモン・ディモンシュ」に寄ろう、
中目黒に来たら「オーガニックカフェ」に寄ってから帰ろう、
下北沢に来たら「スペースシャワーブランチ」に行くべ、

と思ってましたし、お店に行くことがその街に行く目的の1つに組み込まれていたように思います。


カフェを開くためのノウハウというより、


カフェを開きたい!!!
とやや食い気味になってる人とか、

カフェの開店マニュアルをむさぼって読んでいる人におすすめです。


ヌフカフェはなぜ潰れないのか ~武田康伸のカフェ経営哲学 [単行本]


【追記】
ビル耐震工事に伴う建て替えの事情で2016年で閉店したようですね。一時閉店とあるのでまたどこかでオープンしてほしいです。


最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければポチッとなお願いします。

にほんブログ村