ccd244e708dae98f0c76b01c7cac068c_s

ホストティスティングとは、ワインを注文したあとに
グラスにちょこっとだけワインを注いで、

「ご確認ください」

みたいにやるあれです。

味見ですね。


正解はないけど答えを出す
~それは理由はともかくモタモタして恥をかきたくないから~


接待、デートなどでせっかくワインを注文したのに
テイスティングがどうのって何?はやく注いでよ!

の人のためにスマートなやり方は


・「味見しますか」の問いに「結構です」ときっぱり断る

→飲んでみて本当にワインがまずかったら
 取り替えてくれるはずです


・注文する時に、またはこのワインですと確認しに来た時に、
ワインの状態確認もお任せします、と先に伝える


・普通は店員が空気を読んでくれるものですが、それができない
店員に当たった自分を呪う


自分が招待した、またはホストの場合は絶対に相手、
ゲストに確認させてはいけません



○○さんはワインがお好きだから、とゲストやデート相手に丸投げ
する人がいますがいけません。



ではホストテイスティングは何のために?


普通はあまり堅苦しくやらないですけど、今働いている店は
一応確認しています。

何のために?

ワインは環境状態によって中身が大きく左右される
ので、今飲む瞬間がどういう状態なのかが大事です。

ブショネや劣化の確認ですね。


要は今この状態を確認してもらって違和感がないか
どうか感じて欲しいのです。


味の好き嫌いではありません。基本的に。


まあ確認の作業ですが

他に白ワインでイマイチ冷えが足りないからもっと冷やしてよ、
とか、赤ワインで少し温度が低いからグラスに少しずつ注いで、
なんて言われたら「おぬしやるな」と思います。


もちろんやらなくてもいいし、

一口飲んで美味しいと思えば

「おいしいです」

と言ってもらえればこちらもニンマリです。


香りが・・とか、味わいは・・とか分析はしなくていい
です。心の中でやってもらえれば。

自分で今飲むワインを確認して、同席の方たちに
飲んでもらって大丈夫か?楽しめるか?


を考えるだけで十分だと思います。

だからこそデートに誘った自分、接待する自分自身でワインを
決め、確認しなければ相手に失礼になります。

まあ、今はここまで考えるのは頭が固いとも言われてしまいますが・・・

レストランで10000円以上のワインを飲まれるなら
しっかりとやって欲しいですね。



最後までお読みいただきありがとうございます。