d4f6df2b.jpg



私が飲食店で働き出して2,3年しかたっていない
ころ、とても勉強になる店があり、よく通っていまし
た。

その名は「松屋です」
そう牛丼など売っている松屋ですね。

正確にはそこで働いている1人のアルバイトの
人の動きがとても勉強になりました。


店の回し方、段取り術というのを教わりましたね。
(ただ見てただけですが笑)



そのアルバイト、メガネ氏


そのアルバイトは20代前半の男性で、

・地味なメガネをかけて
・ガリガリだし、
・ズボンの裾は5センチくらい短いし
・笑顔は見たことないし、

はっきり言って
オタクっぽく暗いイメージしかないのですが、
無駄のない坦々とした動きにいつも感心し
ていました。


当時は毎日終電で帰っていましたので、自宅の
ある最寄駅には午前1時過ぎに着いていました。

そこでお腹がすいて外食をしようにもその「松屋」
かファミレスくらいしかお店はやってなくて、最初は
仕方なく行っていたのです。


ほかの終電帰宅組も考えていることは同じで、
その終電で降りた人の中には「松屋」に行く人も
多く、終電後の時間はほぼ毎回満席になってい
ました。


しかも終電が到着するまでほとんどお客さん
なんていない状態なので、一気に満席、慌た
だしくなっていました。


私を含めたその事を知っている終電組は、もたもた
していると座れなくなるので、しっかりと改札を先頭
集団で抜け出していましたので、座れないことはなく
忙しくなる様子を観察できました。


終電が到着してから数分で満席になっていたように
思います。





準備をしっかりと、全ての出来事を想定内に


さてそのメガネ氏ですが、完全に自分のスタイルを
確立していました。

動きに迷いがありません。

動きが止まることはもちろん、急に速くなったり遅く
なったりすることがないのです。


常に体の動き、スピードが一定なのです。

なので焦っている様子は見たことありませんでした。


これって結構すごいことだと思うのですよ。


頭の中で常に2歩3歩、次の行動を考えて予測
していないと動きに無駄が出ます。



その店の規模は座席は30席くらいでカウンター
のみ、メガネ氏を含め2名体制でした。

1人はもくもくとオーダー品を作っているので
接客はメガネ氏のみです。

ゲストが来店すると水を用意し、その水を一応
座って欲しい席に置き、軽く誘導します。

しかしこの行為はメガネ氏的には大事なことでは
ないようで、座ってくれたらラッキー、くらいなよう
です。

結構な勢いでゲストが入ってくるのですが、
券売機でチケットを買わないといけないのが
うまくメガネ氏の段取る時間を与えているようで
ゲストが座ってからのメガネ氏の動きは実に
スピーディです。


・毎回同じ時間に満席になることはわかっている
のでそれまでに必要な準備はすべてできている


・メニュー数は一般的なレストランと比べたら少な
く、そのメニューに対しての知識(提供時間や何
を用意しなければならないか)がしっかりとあり、
なおかつ注文された料理を出すまでの動き、
流れが毎回一緒


・どういう順番で動けば最も速いかを自分の中で
把握できているため、最短最速の動き


と、ベタほめでありますが、今思い返してみても
やはりすごかったなと思います。




まとめ


なにが言いたいのかというと

お店の求められているサービスができているか

ということですね。



この店で求められているのは

「感動」
「サプライズ」

ではなく

「いつもの味」
「スピード」

ですので、メガネ氏は見事に応えていました。


メガネ氏はいつも無表情で淡々とこなして
いましたが、本人はそんなに考えてなかっ
たのかもしれません。


でもいろいろと勉強させてもらいました。


ほかのゲストはいつもと同じ、ほかの系列店と
何ら変わりなく利用していたのでしょうが、私は
熱い視線を送っていたのです!
(変な意味ではないよ)


あの状況を毎回当たり前のようにこなしていた
メガネ氏、拍手(ノ^∀^)ノ☆です。



最後までお読みいただきありがとうございます。