food-1211752_640

なんか真面目なタイトルではありますが、たいしたことはありません。

仕事帰りの深夜、体に悪いと思いつつよくラーメンを食べに行ってしまいます。

そのラーメン屋で思った些細なことです。






使う人のことを考えて仕事しているか


DSC_2230

ラーメンを食べている最中、少し辛味が欲しかったので七味を手に取り振りかけました。

が、

中身が出てきません。
それで覗き込んでみた写真がこれです。ぎっしりです。
写真は七味と胡椒ですがどちらも補充しすぎて、パンパンで中身が出てきません。

爪楊枝でぐりぐりとチャレンジしてみましたが、チョロッ、チョロッとしかでなくてなかなかイライラしました。
ただ満杯にするだけならこうはなりません。補充の際に何かしらでぎゅうぎゅう押し込まないとここまでパンパンにはならない感じです。


仕方なく他の七味を探してみると・・・

DSC_2231

他の容器もすべてぎっしりです。
もちろんほかの七味も。いれたてか?


少し面白くなってきて、試しに醤油を少し注いでみましたが案の定タラーと容器に線を作ってしまう状態でした。


この補充の仕方は店のマニュアルかもしれません。
補充しておくように支持されて補充したに過ぎません。支持されてことを忠実に実行しています。

実際に使用するお客様のことを考えれば、ここまでパンパンにすることはないと思いますが。それにこんなことで文句を言う人はまずいないでしょう。

でもこんな些細なことで気にする人は気にします。
なかなか中身が出ないから蓋を開けて入れようとして中身がドバッと出てしまうコントもあります。


飲食で考えると、
・塩コショウなどをお願いして中身が入ってなかった
・コーヒーを4人で注文したのにそれに対する砂糖、ミルクの量が少ない

などよくあるんですが、ビジネス書などでもよく書かれている、

コピーをお願いされたらコピーだけをとって満足するな、

と同じことだと思います。

これはざっくり言うとコピーした資料などをどう使用されるかまで考えなさい、そうすれば気配りができる、

というようなことなんですが、そんなに難しいことではないと思います。



話がそれましたが、七味を補充していて、実際に使うのはお客様ですから、この場合使いやすいか使いにくいかを考えれば結局はめぐりめぐって自分の仕事も楽になると思うんですけど。


ちなみにこんな話し通常ではしません。
変わってる人にしか見られませんから笑




最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければポチッとなお願いします。

にほんブログ村