country-lane-428039_640
ワインを楽しむにあたって、温度管理は大事だと言われます。
ところが実際には、それがレストランであっても、あまり重要視されていないのが現状です。

分かっているつもりになっている。

そんなワインの温度管理について面白い実験をしている記事を紹介します。






1・ワインをグラスに注ぐと何度上がる??


ソムリエたちが発信するワイン情報のサイト、ソムリエノートより。
ソムリエノート: ソムリエ達が発信するワインの情報サイト

最近は更新はあまりされてないようですが勉強させてもらっています。
その中の記事より。


ワインをグラスに注いだら何度上がるのか?
実際に見たことのないのに話しで1度くらい上がる、と思っている人も多いと思います。

私もそうでした。


実際に温度計を使ってワインをグラスに注いだ後の温度変化の実験をしています。

興味深い。

多分ほとんどのレストランは赤ワインを常温と言って20度以上で提供していると思います。



2・暑い夏にワインを宅急便で送るには、常温かクール便か?ちと物申す!


岡山の元酒屋店長のブログ、うまい酒ブログ、の記事より。

当たり前とも言われている?! ワインを宅急便で送るときはクール便、という説をズバリ切った面白い記事。ワインの保存の注意点として高温ばかりに目が行きがちのところ、冷温はどうなの? と宅急便実験をしています。

記事内でも書いてますが、私も某宅急便会社でアルバイトをしていたとき、クール便の冷蔵庫はすごく寒かったのを覚えています。確かにあの環境にワインを置くのは問題だな、と今思えば感じます。


3・ワインを宅急便で送るには常温かチルド便か・・・という実験


酒風呂~SAKE Blog~より、2の実験の続きというか、常温、チルド便それぞれのワインの味わいについて検証した記事。是非ともセットで読みたい記事。

あらためてワインは繊細というか(ある意味当たり前ですけど)、温度で味わいが大きく左右されるということがわかりました。


分かっていそうで分かっていないことをしっかりと確認する重要性を真面目に教えていただきました。

ワインは実に面白い!

今度は自分で実験してみます。必ずや!笑








最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければポチッとなお願いします。

にほんブログ村