dining-room-103464_640
飲食業はそこそこ冬の時代が続いていますが、そんな中でも予約の取れない人気のあるレストランも多くあります。
キャンセル待ちを受けている店もありますが、多くの人は予約ができなかった時点で諦めているようです。

キャンセル待ちも意外と本予約に繰り上がることが多い、というお話。




ちなみに私はキャンセル待ちで予約を取り、行けなかったことはありません(といっても数回しかないですけど)。


なぜか・・・



それは予約の際の電話で、非常に丁寧に、どうしても行きたい、楽しみたいアピールをしてるからだと思います。

何を言ってるんだと言われそうですが、これは大事だと思います。


私も飲食業ですから電話で予約を取ったりしますが、やっぱり本当にお店に来ることを楽しみにしてくれている人はわかりますし、うれしいものです。来店されたらしっかりサービスしないと思いますし、万が一満席でもなんとかならないものかとも思います。

人間ですから。



それと、

これはちょっと裏話ですが、

レストランによっては全席すべてに予約を入れないである程度埋まったらキャンセル待ちで予約を受けるそうです。

それからキャンセル待ちの中から受け入れるお客を決めていく。

初めて聞いたときはなるほどと思いました。

キャンセル待ちが先着順なんて言われない限りないな、思い込みだなと。
もし先着順ですと言われてもぶっちゃけわからないですしね。合理的です。



キャンセル待ちの中には何度も来ていただいてる大切なお客様もいるでしょうし、
有名人もいるかもしれませんし、
大企業の接待もあるかもしれません。

そして電話の対応が最悪なお客様もいるでしょう。



この中から来ていただきたいお客様は誰でしょうか。



もちろんこれは事実かわからないですし、話で聞いたことですので絶対でもありません。
でも私は人気店にキャンセル待ちで行けなかったことはないです。

偶然といえばそうなんですけどね(笑



なので、
もし自分が候補になりかけた時に、少しでも区別してくれるように、レストランに行きたいアピールを電話でするようにしています。

正直な話し、まだまだ電話での予約は「食べに行ってやるから」的な人の方が多いので、そういう人と特別してもらうためにも、これからも行きたいアピールはしていこうと思ってます。


最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければポチッとなお願いします。

にほんブログ村